久保建英、初先発で結果残す!!
kubo


◆欧州リーグ1次リーグ第1節 ビリャレアル5―3シバスポル(22日・ビリャレアル)

  

 ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が、欧州リーグ(EL)開幕戦となるシバスポル(トルコ)戦にフル出場し、移籍後初ゴールを挙げた。さらに2アシストも記録するなど大車輪の活躍で、チームを勝利に導いた。トップ下で移籍後初先発した久保は、序盤から積極的にボールに絡み、チャンスを演出する。すると、前半13分、自身が起点となった攻撃から、FWチュクウェゼが左足でシュート。GKがはじいたところを、ゴール前に詰めて左足で押し込み、先制点をマーク。リーグ戦を含めて新天地での初ゴールとなった。

 

 さらに同20分には、ゴール中央でボールを受けると、左足アウトサイドで、FWバッカヘ絶妙なスルーパス。これをバッカが右足で決めて、移籍後初アシストも記録した。守備の乱れから前半のうちに2点を追いつかれて迎えた後半は、4―1―4―1の右サイドにポジションを移行する。同12分、左CKのキッカーを務めると、速いボールをDFフォイスに合わせて一時は勝ち越しとなるゴールを演出。この日、2アシスト目となった。

 

 同19分にチームは三度追いつかれたが、途中出場のFWパコアルカセルが2得点を挙げて5―3で勝利。久保も終盤には再びトップ下に戻り、積極的に得点を狙いに行くなど、初のフル出場を果たした。リーグ戦ではこれまで6試合連続ベンチスタート。厳しい状況だったが「与えられたチャンスで結果を出したい」と話していた通り、初スタメンで自身の実力を証明した。

元記事へ



 
前半13分ゴール、20分アシスト、後半12分アシスト


みんなの反応


これだよ、これ。自分で得点して、味方が得点する決定的な仕事をする。そうすればチームが彼を必要として必ず試合に出られるようになる。これの積み重ねることができるのがスーパースター。

 

本来のポジションで最初から時間を与えたら妥当な結果だしこれがマジョルカで昨シーズンの後半から見せてきた姿であり今シーズンのバルサ戦で見せた内容まずは良かった。

久保選手も苦しかったと思います、あの笑顔ですからね。ほっとしたことでしょう。

 

二点目のアシスト、トラップからあのバッカへのドンピシャ絶妙なパスは、鳥肌立ちました。

 

トップ下で活躍できるのは分かった。ただ今日の相手は格下だし、守備が甘かったのは事実

 

監督の期待に見事答えた。

 

鳥肌もんや!

 

来た来た!

 

相手が弱いとか味方がベストメンバーじゃないとか、ケチをつける人はいるだろうが、どういう状況だろうと結果を出した。

 

トップ下、右サイドという本来のポジションで力を発揮しましたね。

 

適正ポジションだと別人だね。これで監督も文句は言えない。

 

これでエメリもスタメンでなくとも久保の出る時間を増やさないといけない理由ができたね

 

結果を出すのが早い。

 

贔屓目なしに素晴らしいクオリティ。ファーストタッチでピタッと収まるし、プレーに迷いがなく判断が早い。


「よっしゃー!」って朝一で思った!

 

素晴らしい!これで今後使われるチャンスが増えたしチームメイトの信頼も増したかもね。次のリーグ戦でも期待だっ!





08F03401-81F1-468F-A264-05D0DB4AEFA3



やはり先発が一番いい!!適正ポジションでの攻撃力はピカイチですな





roita-
※ロイター通信